2010年10月31日日曜日

ハロウイン:ジュニヤマスターシェフ

_


● ハローウン


 今日、10月末日はハロウイン。
 夕方、散歩にでた。
 帰ってきたのは5時過ぎであったが、5時をすぎるころ歩道に2組みほどのハロウインの子どもたちが仮装して歩いている。
 まだ日は高い。
 ハロウインは8時までである。
 3時間も回れば相当のキャンデーが手に入るだろう。
 ということは、この辺の住人にとっては迷惑なことである。
 いったい何十人の子どもがやってくることやら。
 特に今日は日曜日で、子どもにとっては楽しみな曜日である。
 我が家はセキュリテーゲートの中の団地で外部からは入ってこないから、団地の子どもたちだけで安心していられるが。
 昨年は11人であった。

 前もってハイチューを25ケ用意しておいた。
 が、なんやかんやで2ケ食べてしまった。
 23ケというのは昨年の倍である。
 それでも、2ケ食べてしまったという後ろめたさで、スーパーマーケットで3ケ入のバターキャラメルを買ってきた。
 これで合わせて26ケである。
 
 昨年は7時半すぎにドヤドヤとやってきた。
 今年の最初は7時過ぎである。
 5人。





 写真に映っているのは4人だが、後ろのバギーに赤ん坊が乗っている。
 これはハロウインらしいまともな仮装。
 7時半に来たのが下の連中。
 5人でただ廻っているだけ。




 合わせて10人。
 これで終であろう。
 
 今日は日曜日、それも7時半。
 といえば今最高のテレビ番組、「ジュニヤ・マスターシェフ」
 7時半から1時間ほど。
 ハロウインもジュニヤだが、どうしてもそちらに興味はいく。
 録画機が壊れているので、カメラを合わせていた。
 最終バトルに入っている。
 最後は赤組青組の対抗戦である。

 まずは青組の審査結果。
  video

 8時過ぎに外がガヤガヤする。
 8時05分、ドンドンドン。
 なんと、10人がやってきた。
 カメラは使えない。
 でも仮装なし。
 カメラなどいらない。
 ここにそんな子どもがたくさんいただろうか。
 どうも遠征部隊のようである。
 セキュリテーゲートといっても、車が通ったあとについて入れば難なく入り込める。
 それで終ではなかった。
 その1分後に2人。
 さらにその1分後にまた2人。
 アラブの女の子。
 トータルなんと25人。
 3ケ買い増ししていてよかった。 
 「ラスト」とその子どもたちに言って網戸を締めてしまった。
 それでも来れば「ダメ」とはいえない。
 残っているアメは1ケである。

 何かないか机の引き出しを探ってみた。
 サイコロが3つ見つかった。
 おお、これにバターアメをバラしてつければ3人分は確保できる。
 おみ籤キーホルダーがあったので、最後はこれで、ナントカ4人分となった。



 でも、これを使うことはなかった。
 年で上下が激しい。
 来年は30ケは用意しておかないといけない。

 
 そして赤組の審査結果
video

 これ実際は著作権侵害ですが、個人のブログに許されている範囲で載せてあります。
 なを「ジュニヤ・マスターシェフ」の公式サイトはこちらです。



Junior MasterChef Australia 2010 - Official Site
http://www.masterchef.com.au/home.htm






● 花いろいろ



【真っ赤に燃えた、太陽だから】




[◇]
 ちなみに、「料理の鉄人:アイアンシェフ」は昨日の土曜日に放送された。
 対戦は「オールフレンチ対オールチャイニーズ」。
 審査結果は引き分けであったが、鹿賀君の独断で「フレンチ」に軍配が上がった。
 Wikipediaより。


 鹿賀主宰2000皿試食記念対決 [編集]

 今大会は中華、フレンチから各ジャンル3名の料理人がチームを組んでの団体戦となった。
 1998年8月28日、9月4日放送
 出場者(太字は各チームリーダー)…オールフレンチチーム(坂井宏之、石鍋裕、城悦男)、オールチャイニーズチーム(陳建一、脇屋友詞、宮本荘三)
 テーマ素材…豚肉、すっぽん、バナナ(いずれも鹿賀の好物である)

* 審査員…栗本慎一郎、石井苗子、福井謙二、岸朝子

ジャッジ表
チーム 栗本 石井 福井 岸   合計 得票
全仏   19  19  20  19   77   2
全中   20  20  19  18   77   2

両チーム同点だが鹿賀の独断でオールフレンチチームの勝利。

video


 1998年8月,9月とあるから、12年前になる。




[◇ 翌日]
 打ち捨てられたパンプキン。





_