2010年3月24日水曜日

「隠密剣士」登場

_

● 侍・新太郎と有名な忍者軍団来る


● 映画のポスター
  大瀬康一
  藤 純子
  牧 冬吉
  竹内 満
  天津 敏
  品川隆二
  香川良
  加賀邦男


イベント第2弾。
 「隠密剣士」。
 ご存知の方は、血沸き、手に汗を握ること間違いなし。
 忍者寺と称される四ツ谷の西念寺に住まいするあの公儀隠密「秋草新太郎」の登場である。
 主演はなんといっても「正義の味方よ良い人よ!」で有名な月光仮面こと祝探偵。

 「サムライ」、
 「ニンジャ」、
 と言う言葉を世界の隅々にまで広めたワールドヒーロー。
 それが「サムライセンセーション:Shintaro!」。
 一世風靡のスパースター。

 このイベント情報が載っていたのは地元のローカル新聞で、広告料で運営されている週1回配布のタダ新聞。
 この新聞は地元のゴールドコースト・ブリテンという日刊紙の子会社なので、おそらく日刊紙にも掲載されたものと思われます。


● サムライセンセーション:「隠密剣士」上映ご案内
 
 上の記事には
 「シンタローが来豪したときは、ビートルスのときよりも空港ははるかに混雑をきわめた」
 とある。
 ならば、是が非でも見にいかねばならない
 なんたって、若き日にのめりこんだテレビ映画の一つである。
 「月光仮面」のときはサミシイことにテレビがなかった
 「隠密剣士」のときは、ちゃんと我が家にもテレビがあったのである。
 そのとき見た映像が今日夕方、この地で上映されるのである。
 果たしてそのテレビのダイジェストか、それとも映画版「隠密剣士」か。
 行ってみないことには、まったく解らない。
 インターネットで「admin@filmfantastic.com」で見てみる。

Gold Coast Indie Night Kicks Off in Samurai Style!
http://www.facebook.com/group.php?gid=52839692550
-------------------------------------------
Local writer and director Marco Sinigaglia's new documentary Shintaro!
The Samurai Sensation That Swept a Nation will screen as the feature event of the inaugural bi monthly Gold Coast Indie Night at 6.30pm Wednesday March 24 at The Basement at the Gold Coast Arts Centre.

Gold Coast Indie Night is presented by Caroline Russo Media and Public Relations and is proudly supported by Gold Coast Film Fantastic and the Gold Coast Arts Centre.

With the WWII Pacific conflict with Japan still fresh in the memories of most adult Australians, a TV show that was completely Japanese in traditional culture, dress, martial arts and violence appeared suddenly on Australian after-school screens.
Within weeks, The Samurai kicked The Mickey Mouse Club off its mantle to become the most popular children's show in Australia.

Shinatro!
The Samurai Sensation That Swept a Nation is a cultural exploration into how and why Australia children took so fanatically to a show from a radically different world.
It looks at children's perception and the equally profound perception of their parents and randparents.

Following the screening of Shintaro!
Marco Sinigaglia will participate in a Question and answer session hosted by radio personality Greg Newman.
Also on the night we will be joined by special guest Garry Renshaw, who featured in the documentary as the owner of the authentic and original wig of Shintaro!

"Shinatro! recently aired on SBS and yielded excellent ratings.
I'm thrilled to be able to show it here on the Gold Coast at the inaugural Gold Coast Indie Night and I look forward to meeting and speaking to people after its screened".
Marco Sinigaglia.

-------

Local film makers with short films, television pilots or specials under 60 minutes who are interested in having their work featured at a Gold Coast Indie Night should contact Casey Marshall Siemer at admin@filmfantastic.com

Entry to the Gold Coast Indie Night at The Basement will be $10.


 入場料は「10ドル」。


隠密剣士 テレビ プロローグ
http://www.dailymotion.com/video/x95gbv_jp-old-drama_shortfilms
』 


● 隠密剣士のTシャツ 


 さて、行ってきました、見てきました。
 「
サムライ、センセーション!
 まずは、マニヤによって大切の保存されているグッズの数々を。














 下は秋草新太郎からMr.Garryへの手紙とはがき。
 ちなみに写真に写っている指はMr.Garry。

『                  27 June 1988
  Dear Garry

  ----<略>---

  Your's 秋草新太郎 (Shintaro Akigusa)
  Koichi Ose 







 下はMr.Garryに贈られた「Shintaro」の鬘。




 イベントの内容だが、上記の記事の写真に出ているフイルムデレクターが制作した45分もののドキメンタリー映画で昨年テレビ放送したものである。

 はるか昔の1960年代に日本からこの隠密剣士というテレビドラマが輸入され、
 「THE SAMURAI」
 というタイトルで「チャンネル9」で放送された。
 これがニンジャブームを引き起こす。
 が、教育界では波紋を広げる。
 なんといったって、主体がニンジャ。
 常識を覆す設定とリアリテイー。
 刀が体にブツリと突き刺さり、その刃が背中からズッバーと突き出る。
 血がドクドクドバーと噴出す。
 何しろ暴力的。
 あの、ハリー・ポッターですら文句が出るというキリスト教圏のお国柄。
 今なら笑えるが、そのころは我が世を謳歌したすこぶる偽善がからまったマジメを理想に掲げた国。
 そこへ突然降って沸いた残酷無比なテレビドラマ。
 殴りこみをかけたのが「異文化・マルチカルチャル:SHINTARO」。
 ということは、ここは「風魔の里」か。
 グリーンピースなどを見ていると確かにそうかもしれない。
 「先進国のスパー・イナカッペ」。
 文化の違いではどうもやりにくい。
 父兄はキャンキャンいうが、親や先生の願いとは別に子どもは「
シンタロー」にのめりこんでいく。
 覆面をかぶり腰を落としてツツツーとニンジャ走りをし、シュッシッュシュー「シュリケン」を打つ。
 同じ時期、西部劇の「アニー・オークリー」が上映される。
 日本題はご存知の方も多いと思うが「アニーよ銃をとれ」。
 が、こどもの関心は「ニンジャ」。
 などなどいろいろ隠密剣士に関する数々のエピソードや社会動静などを取り上げたのがこのドキメンタリーということになります。

 使われている隠密剣士の映像はテレビのものです。
 チャンネル9にいって調べたところ、フイルムは破棄され保存されていないということで、巷に出ているビデオやDVDから引っ張ってきたとのことです。


 少しですがビデオを撮りましたので紹介しておきます。
 まずオープニングから。


video
● ドキメンタリーのオープニング

video
● 隠密剣士ストーリー:スタートシーン

video
● ガイジン女ニンジャ

video
● shintaro 海をわたる

video
● 飛行場の隠密剣士

video
● shintaro パフォーマンス

video
● Shintaro ビートルスを斬る

video
● Shinntaro 去る

video
● 隠密剣士ラストシーン

video
● ドキメンタリーのエンデイング


 場所はアートセンターの地下にあるちょっと天井の低い試写室。
 椅子を敷き詰めると百数十人ほど入れる大きさ。
 でも今回は前の方に数十人ほどの椅子が並んでいただけである。
 天井には映写装置がセットされており、前の演壇には3m×2mほどのスクリーンがある。
 後ろはバーになっており、ワインやジュースが頼める。
 6時半というのでその時間に合わせて出向いていったが、実際に始まったのは7時過ぎ。
 皆、のんびりとビールを飲んで歓談している。
 車を運転しないといけない私は、いつはじまるのだろうと静かに待っていた。
 東洋系は4人ほどであった。

 上映のあとにQAレクチャーが行われた。
 下はそのときの映像。
 写真を撮ったつもりであったが、短い映像になっていた。


video
● 質問会

 左の「SAMURAI」のTシャツを着ている司会がラジオパーソナリテイーの Greg Newman
 中央の若い人がこのドキメンタリーの制作者である Marco Sinigaglia

 右の白ヒゲのオッサンが
Garry Renshaw である。


 なを、このドキメンタリーは下記に出ています。

Shintaro! The Samurai Sensation That Swept a Nation
http://www.imdb.com/title/tt1531012/

 「The Samurai」は英文Wikipedia に記載があります。

http://en.wikipedia.org/wiki/The_Samurai_(TV_series)

 また、インターネットで「SHINTARO THE SAMURAI」を検索するとたくさんの情報が出てきます。

 you tube には「SHINTARO」ビデオがいろいろあります。
 その中からいくつかを。

Shintaro The Samurai "Intro"
http://www.youtube.com/watch?v=yxtUrjOi9jY

The Samuri Shintaro
http://www.youtube.com/watch?v=L1eq1XVM-eg

Shintaro Meets The Deadly Koga
http://www.youtube.com/watch?v=pui1K3B3K8Q&feature=related

Theme for 'SHINTARO ' THE SAMURAI ( not actual opening theme).
http://www.youtube.com/watch?v=NFiJflAn2cA&feature=related


 サイトがありました。
 詳細をぜひぜひジャンプしてみてください。
 必見です。

No Worries Diary [2009-12-01]
メルボルンに越してはきたけれど
http://noworriesdiary.blogspot.com/2009/12/60samurai-ninja.html

 60年代のオーストラリアでSamurai & Ninjaブームがあった!
 オーストラリアで暮らすようになってから気になっていたことの一つに、テレビ等で「samurai」「ninja」という単語を耳にする機会が多いことがあった。
 とりあえず自分の中で「単なるエキゾチックでオリエンタルなものへの憧れだろう」と納得してはいたものの、それにしては彼らが「samurai」「ninja」について語る時、言葉の端々からその認識が妙に”正しい”印象を受けるのが謎ではあった。

 ちょうど1ヶ月前のこと。
 豪テレビ局SBSが放送した1時間のドキュメンタリー番組「Shintaro!」を見て、ついにその理由を知ることになった。
 私が生まれる以前の60年代、オーストラリアのテレビで日本の時代劇「隠密剣士(英語版タイトル”The Samurai”)」が放送され、子供たちを中心に一大ブームを巻き起こしていたのだ。





 ● 花いろいろ